ブログ運営

【検索順位が上がる】ブログで読みやすい文章構成を作る手順を解説

2021年5月26日

 

こんにちは、イケゾーです。

ブログの文章構成がうまく作れない人向けに、手順を丁寧に解説します。

僕はブログを始めて1年足らずですが、複数のキーワードで「検索順位1」を取っています。これからブログを書きたい人や、今がむしゃらに書いている人向けに、質の良い記事を書くためのテクニックを解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ!

  • ブログの文章の書き方を知りたい
  • ブログを書いてみたけど、読みにくい文章になっちゃった
  • SEOキーワードを入れたいんだけど、どのように文章に入れるのかわからない

 

 

ブログで読みやすい文章構成を作る手順

「何から書いて良いかわからない」「ブログの文章構成が作れない」「読みやすい文章が作れない」

ブログ初心者によくこんな相談を受けます。

僕も最初は、1記事2000字くらいの記事を書くのに、10時間くらいかかりました。時間をかけた割には、「何が言いたいのかわからない」読みにくい記事が完成して、苦労してきました。

良い記事を書くために大切なのは、時間をかけることではなく、文章構成を作るテクニックを知っているかどうかです。

本当は、皆さんも、実際にブログを書いてみて体感してもらうのが良いのですが、時間がもったいないので、「ブログで読みやすい文章構成を作る手順」をまとめましたので、解説していきます。

読みやすいブログを作るには、テクニックがあるんだね
イケゾー

 

 

手順1 キーワードを決める

最初にして最大のポイントです、キーワードの選定をします。
ユーザーがどんなキーワードで検索しているかを調査し、検索回数が多いキーワードを使って記事を書いていきます。

 

キーワードの選び方

ラッコキーワードで、調べられます。

例えば、「ブログ」と入れてクリックすると、「ブログ」と一緒に検索されているキーワードが表示されます。
「ランキング」「おすすめ」「始め方」と言うキーワードがよく検索れているので、この順に記事を書いていく流れになります。

よく検索されているキーワードを調べて、多い順に記事を書くんだね
イケゾー

 

手順2 読者の悩みを考える

キーワードが決まったら、そのキーワードで検索した人は「なぜ」検索したのか考えます。

 

ここからは、具体例を出して解説します。

キーワードを、「プログラミング 30代」と決めたとします。このキーワードで検索している人が、何を悩んでいるか想像します。過去の自分だったり、悩んでいる友人を想像すると、考えやすいですね。

30代の未経験でプログラミングを勉強したいんだけど、独学でも大丈夫かな?スクールに通うならどんなコースを選んだら良いんだろう。金額も期間も様々あって、どのコースがおすすめか知りたいな。

 

この悩みを解決できるための情報を、記事にしていきます。
参考:【30代からの未経験プログラミング】スクールの最安最短コースをおすすめする理由

どんな人のどんな悩みを解決するのか、具体的に考えよう
イケゾー

 

手順3 目次を作る

次に、先ほどの「読者の悩み」を解決するために、どんな情報が必要なのかを考えましょう。これが目次になります。

目次

  1. 30代からのプログラミング学習は、完全独学でも可能です
  2. 30代からのプログラミング学習は、挫折しやすいです
  3. 30代からの独学プログラミングで、挫折しそうになったら最安最短のスクールをおすすめ

目次に答えはないので、色々なパターンがあって良いと思います。
意外と、ここで手が止まってしまう人が多いんですが、小説のストーリーを作るように考えると良いです。

「目次はその章の結論」とも言えるので、目次だけを読んでも記事全体の内容が想像できるようなものにします。順序を入れ替えたりするだけでも、良くなったりしますよ。

目次にも、「キーワード」をしっかり入れることを意識しましょう。

目次だけを読んでも、記事全体の内容がわかるようなストーリーを
イケゾー

 

手順4 目次に肉付け(本文)をする

では、本文を書いていきたいのですが、
これはとても簡単で、目次に少しづつ肉をつけていくだけです。

目次

  1. 30代からのプログラミング学習は、完全独学でも可能です
    学習自体に年齢は関係なく、独学での勉強は可能です。ネットにはたくさん無料教材があるよ、おすすめを書く
    結論▶︎30代からのプログラミング学習は、完全独学でも可能です
  2. 30代からのプログラミング学習は、挫折しやすいです
    しかし、30代は仕事や家族があり、学習に集中できる時間や環境にないことがあるので、諦めてしまう人が多いです。
    結論▶︎30代からのプログラミング学習は、挫折しやすいです
  3. 30代からの独学プログラミングで、挫折しそうになったら最安最短のスクールをおすすめ
    自分の体験談を書いて、おすすめのスクールとコースの選び方を解説する
    結論▶︎30代からの独学プログラミングで、挫折しそうになったら最安最短のスクールをおすすめ

目次本文目次(結論)のように、本文を目次で挟んだ状態で、話の流れがおかしくなければ、順調に進められています。

ここで、肉付けのコツを解説します。
専門的なライティングのテクニックですが、この流れを守るとより読みやすい文章が書けます。

・主張する

・根拠を述べる

・反対意見を想像し、認める

・最後に、主張する

 

人を説得するための文章はもちろん、営業マンが相手を説得するための技術としても定番の型です。

これを僕の「プログラミング 30代」の例で、実践してみるとこのようになります。

1.プログラミング学習は、完全独学でも可能です

・主張する → プログラミング学習は、完全独学でも可能です

・根拠を述べる → ネットにわかりやすい教材が豊富にあるから

・反対意見を想像し、認める → 独学じゃない人もいるけど、継続して勉強できる人が成功している

・最後に、主張する → プログラミング学習は、完全独学でも可能です。

 

こんな調子で、全ての目次について肉付けをしていきましょう。すでに記事っぽくなってきましたね。

それぞれの目次に、決まった型の肉付けをしていくんだね
イケゾー

 

ブログで文章構成を作る際のポイント

ポイントを2つお伝えします。

 

読者を具体的にイメージすること

読者を具体的にイメージして、その1人に向けて記事を書くと良いです。

僕は、過去の自分や身近な友人を想定して書いていくことが多いです。例えば「プログラミング学習」の記事は、「プログラミング学習を始めた頃の自分」が知りたかった内容をまとめています。

そうすると、現在プログラミング学習を始めた人が知りたい(悩みを解決する)情報になり、魅力がアップします。

 

プチ専門家として堂々と書く

たまに自信のなさそうな文章のブログに出会います。

わざとそうしているなら良いのですが、そうじゃなければ、読んでいる読者が不安になってしまいます。
「かもしれない」「だと思う」ではなく、「です」「ます」という断定形で文章を書いていきましょう。

他人より少しでも詳しければ「立派な専門家」です!!自信を持ってください!!

 

自分の体験談を入れると魅力アップ!

プチ専門家の記事には、自分の体験談があるとより説得力が上がります。
成功談でも、失敗談でも構いませんが、「根拠」の部分に自分の体験談を入れると、他のブログにはないオリジナルなコンテンツになります。

シンプルに、自分で撮った写真でもOKです。無料サイトで拾ってきた画像なんかより、格段に目をひきますね。

紹介しきれなかったポイントは、また別の記事にてご紹介しますね
イケゾー

 

WordPressで高品質なホームページ制作します 初心者でも安心の「1ヶ月間無料サポート」付き!

 

まとめ

ブログで読みやすい文章構成を作る手順を解説してきました。

キーワードの選定をしっかり行い、本文を書く前にしっかり構成を練ってから、本文を書くようにしましょう。きっと読みやすく、検索で上位表示される文章が書けるようになりますよ。

イケゾー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ご不明点やご意見は、コメントやTwitterにて、お寄せください 🙂
では、またお会いしましょう

  • この記事を書いた人

ikezooo

ご訪問ありがとうございます。 Ikezoooブログ「WEB積み上げ先生」を運営している30歳です。こちらでは、完全初心者からのプログラミング学習を発信しています。

-ブログ運営
-, ,

© 2021 IkezoooBlog