WordPress ブログ運営

GoogleフォームをWordPressブログの問い合わせに使う方法(プラグインは使わない)

イケゾー
この記事は、こんな人におすすめ!
・WordPressブログにGoogleフォームを使いたい
・Contact Form7以外でお問い合わせフォームを作りたい
・プラグインを使わずお問い合わせフォームを設置したい
・サイト速度を上げたい

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • WordPressブログには、Googleフォームがおすすめ
  • スプレッドシートで履歴を管理できる
  • プラグイン「Contact Form7」から乗り換えれば、サイト速度改善

筆者情報

Ikezooo

 
  • Web制作フリーランス
  • ブログ3年目。
  • 執筆記事数200本以上
  • ブログ実績:最高15万円
  • SEO検定3級保有
  • Twitterフォロワー3,100人
   

ブログにお問い合わせフォームを設定している方は、多いかと思います。

定番のプラグイン「Contact Form7」はとても便利ですが、なるべくプラグインを使いたくないという方には「Googleフォーム」をおすすめします。

そこで今回は、はじめてGoogleフォームを使う方向けの手順を解説します。

それでは、どうぞ!

当ブログでは、WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」 を使用しています。

WordPressブログにお問い合わせフォームを設置する方法3選

お問い合わせフォームを設置する方法は大きく3つあります。

  1. プラグインを使う
  2. Webサービスを使う
  3. 自分でプログラミングで作る

一般的には、1または2ではないでしょうか。

プラグインですと、定番の「Contact Form7」が有名ですね。実際に私も、昨日まで使っていました。

しかし、長期的なメンテナンスを考えると、プラグインはなるべく使わないようにしたいですね。そこで私は、Googleが提供する無料の「Googleフォーム」を使うことにしました。

この記事を読みながら10分で作業できます

イケゾー

Googleフォームとは

Googleが提供する、簡単にアンケートを作成できる無料ツールです。

もともとはアンケートや、出欠確認の用途で使われていましたが、「お問い合わせフォーム」として使われることが増えてきました。Googleアカウントさえあれば、複数のフォームを作成できるので、用途別に作成して、ブログに設置が可能です。

Googleフォームを使うメリット

メリットはこちら。

  1. Googleアカウントがあれば無料で使える
  2. Googleスプレッドシートで履歴を管理できる
  3. プラグインを使わないので、ブログのメンテナンス性が上がる

Googleアカウントはお持ちであれば、登録無しで簡単に始められます。

またビジネス用途の場合、問い合わせの履歴を整理したり、検索できる運用面でメリットがあります。

さらに、プラグイン「Contact Form7」から乗り換えれば、プラグインが減るので「サイト表示速度向上」や「メンテナンス性向上」といった提案もできるでしょう。

Googleフォームを使うデメリット

デメリットはこちら。

細かなデザインができないところです。
同じようなデザインになってしまうので、サイトのデザイン的に似合わないこともあります。

Googleアカウントさえあれば、無料で簡単に使えるのはすごい!
実際の使い方を見ていこう!

イケゾー

Googleフォームの使い方

実際の画面を見ながら、使い方を解説します。

最初に断っておきますが、とても簡単です。
分かる方は、飛ばしながらお読みください。

当ブログのお問い合わせページでも、使用していますので、ご参考にしてください。

Googleフォームを作成する

Googleアカウントで、Googleフォームにログインします。
>>Googleフォーム公式サイトはこちら

新しいブロックを作成をクリックします。
連絡先情報や、イベント出欠確認などのテンプレートも用意されているので、作りたいものに近いものを使っても良いでしょう。

「+」をクリックして、質問項目を入力します。
例では、名前・アドレス・メッセージ本文としました。

それぞれの入力欄には、制限をかけることができます。
ユーザーが間違いなく入力できるように、設定しておくと良いです。

ユーザーが全て入力し「送信」をクリックした後に、画面に表示させる文字を設定します。
デフォルトでは、「回答を記録しました」となっており、アンケートっぽいので直しましょう。
「お問い合わせを受け付けました」と変えておきます。

お問い合わせの項目が完成しました。
たくさん機能があるので、興味があれば使ってみてください。

イケゾー

HTML埋め込みコードをWordPressに貼る

フォームが完成したので、WordPressブログに挿入します。

Googleフォームの「送信」ボタンをクリックします。

埋め込みコード< >を取得します。
コピーをクリックします。

固定ページ(お問い合わせ)の編集画面を開き、カスタムHTMLブロックを追加します。

先ほどコピーした埋め込みコードを貼り付けます。

プレビューで確認し、フォームが表示されればOKです。

Googleフォームを使って、お問い合わせフォームを作成しました。
忘れずに、不要になったプラグインは消しておこう。

イケゾー

WordPressで高品質なホームページ制作します 初心者でも安心の「1ヶ月間無料サポート」付き!

まとめ

GoogleフォームをWordPressブログの問い合わせに使う方法を解説しました。

ポイント

・Googleアカウントがあれば10分で設定できる

・プラグインを減らせるので、サイト速度向上・メンテナンス性アップ!

イケゾー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ご不明点やご意見は、コメントやTwitterにて、お寄せください 🙂
では、またお会いしましょう

  • この記事を書いた人

ikezooo

愛知県30歳のフリーランスエンジニア。 サイト制作とブログで生き抜く。 ブログでは、月10〜15万ほど稼いでいます。 SEO検定3級保有。

-WordPress, ブログ運営