生活

【2021 Mac対応】「HHKB Professional HYBRID Type-S」キーボードをMac配列にカスタマイズ

イケゾー
この記事は、こんな人におすすめ!
・高級キーボード「HHKB」が気になる
・Macユーザーは使えるの?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • HHKB Professional HYBRID Type-Sとは
  • HHKBの良いところ
  • HHKBの悪いところ
  • HHKBを買う前に知っておきたいこと

筆者情報

Ikezooo

 
  • Web制作フリーランス
  • ブログ3年目。
  • 執筆記事数200本以上
  • ブログ実績:最高15万円
  • SEO検定2級保有
  • Twitterフォロワー3,100人
   

ついに、HHKB Professional HYBRID Type-S(以下HHKB)を購入しました。
ずっと気になってはいたんですが、キー配列が心配でずっと迷っていました。

結果、買ってよかった。

今回の記事は、Apple純正のMagic Keyboardから、乗り換えを検討している人向けになります。
私と同じMacユーザーで、購入を迷っている方の参考になれば嬉しいです。

それでは、どうぞ!

当ブログでは、WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」 を使用しています。

HHKB Professional HYBRID Type-Sとは

HHKB(Happy Hacking Keyboard)は、高級キーボードです。

20年以上売れ続けているキーボードで、専門誌にはよく登場する有名なキーボード。大手家電量販店でも「高級キーボード」コーナーに陳列されています。

今回は「HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨」を購入しました(約3万5,000円)

配列は、Apple純正のMagic Keyboard(日本語)を使っていたので、日本語配列を選びました。

本体カラーは墨(艶なし黒色)で、キーの刻印も目立たないデザインです。英語配列モデルには、無刻印もあります。

HHKBは、「静電容量無接点方式」のキースイッチを採用しており、キーを最後まで押し込まなくでも入力されます。

長時間のタイピングでも疲れにくいところが魅力です。

正直、35,000円は高いです。
>>現在の価格を確認する

なので、あまりキーボードを使わない人にはおすすめしません。
しかし、文章やプログラムをたくさん書く人なら、一度試してほしいです。作業効率が格段にアップし、さらに手首の負担まで抑えられます。

時間と健康をお金に換算すれば、すぐに35,000円分のもとが取れるでしょう。

と、前置きが長くなりましたが、
Apple純正のMagic KeyboardからHHKBに乗り換え、1ヶ月使い続けた感想を書きます。

良いところと、気になるところも正直に...
イケゾー

HHKBの良いところ

よかったところ。

最高の打鍵感!例えるならコンビニにあるアレ

HHKBの特徴といえば、打鍵感。

指の重さで自然にキーを押せる感じ。かといって重すぎることもないので、長時間のタイピングも大丈夫そう。

キーのストロークは深いが、最後まで押し込まなくてもキー入力される「静電容量無接点方式」は素晴らしい。また、押し込んだ時のキーの反発がちょうど良いので、無駄な力がいらない設計がされているのは驚く。

まずは、動画で音を聞いてほしい。

Apple純正Magic Keyboardは、キーを最後まで押し込んで入力するので、夕方には指が疲れてきます。

これまで、他にも人気キーボードを使って疲労を感じましたが、HHKBは疲労を感じません。

キーボードって、不満があっても我慢して 使い続けちゃうんですよね。

打鍵感なんて必要?という気持ちもよくわかります。
実は、みなさんも既に味わったことあるはずです。

コンビニATMの暗証番号のキーボードです。

あの感じって、他にないですよね。
しっかり押せるし、反発もあって気持ちがいい。

HHKBと同じ「静電容量無接点方式」を採用しており、HHKBの打鍵感に近いです。
文章やプログラム入力で使えたら良いなと思えるはずです。

暗証番号の早打ち気持ちいい♪
イケゾー

高級キーボードなのに無線

高級キーボードは、有線接続が主流です。

有名どころでいえば、東プレFILCOですが、すべて有線です。

HHKBは無線(Bluetooth)または有線(USB-C)でも使用できます。机上をスッキリさせたい人は無線ですよね。

ワイヤレスは嬉しい
イケゾー

コンパクト

小さくて机がスッキリします。

これまで、Apple純正Magic Keyboard(テンキー付き)を使っていましたが、マウスの位置が遠くて困っていました。マウスが近くに配置できるので、これも疲れが軽減できますね。

トラックパッドも使いやすい
イケゾー

渋いキー刻印

本体カラーは墨を選びました。
ツヤのないマットな色合いです。

キートップの刻印も黒で、ぱっと見では読めませんね。コレがまた渋くてカッコ良い。

大人のキーボードって感じ♪
イケゾー

HHKBの悪いところ

悪いところも、正直に。

キー配列に慣れるまでは時間が必要

どのキーボードでも言える話ですが、慣れるまで時間がかかります。
HHKBのキー配列は特殊と言われますが、大したことはないです。

Macユーザーとしては、「for Mac」と書かれていないキーボードってちょっと不安ですよね。

不安を払拭できるように、実際にApple純正Magic Keyboardから乗り換えて苦労した点をまとめます。

  • Commandキーが小さい
  • CommandキーとOptionキーが逆
  • スペースキーが小さい

Commandキーが小さい

Macユーザーの心配は、commandキーじゃないですか?

Apple純正Magic Keyboardは、commandキーが少し大きめに作られているのに対し、HHKBはcommandキーが少し小さいです。

これは手が覚えるまでに時間がかかりました。慣れるまではストレスですね。
ただし、どのキーボードでも慣れるまでは、よくある話。

これは時間が解決してくれる♪
イケゾー

CommandキーとOptionキーが逆

これまた困りました。
Apple純正Magic Keyboardと位置が逆です。

ショートカットは大抵「commandキー + 他のキー」なので、間違えやすいです。

スペースキーが小さい

Apple純正Magic Keyboardよりスペースキーが小さいです。

スペースキーを押すのは問題ないのですが、日本語入力する際に押す「英数キー」「かなキー」の押し間違いが発生します。上の「C」「M」キーとの縦関係が変わるので、違和感があります。

キー配列は特殊だけど、カスタマイズもできるよ♪
イケゾー

裏のボタンで、Mac向けに設定できる

先ほど述べたMacユーザーの違和感は、簡単に直せます。

キーボード裏にボタンがあります。

ボタンが6個あり、ボタン1をONにするだけでMac用の配列に変更できます。

付属の説明書にも説明があります。他にもカスタマイズができそうです。
物理的なスイッチという点が特徴ですね。

このカスタマイズでMacユーザも安心♪
イケゾー

肘置きがあったほうが良い

Apple純正Magic Keyboardでは気にならなかったのですが、肘置きが欲しいです。

HHKBは高さがあるので、手首が浮いた状態でタイピングをすることになります。
作業が長時間になると、どうしても手首が疲れてしまいます。ひどくなると、肘が腱鞘炎(けんしょうえん)になる場合もあります。

キーボード本体が小さくで嬉しかったのですが、肘置きを置いたら結局・・・
健康第一なので、こちらのパームレストを購入しました。

初めてのパームレストです
イケゾー

HHKBを買う前に知っておきたいこと

その他に、HHKBユーザーからしたら当たり前だけど、
はじめて買ってみたら「え?」と思いそうなこと。

試し打ちは、大型家電量販店で

打鍵感をお試ししたい方は、大型家電量販店へ行ってください。
地方の小さな家電量販店、ショッピングモールの中の家電量販店にはない場合があります。

大型店には、高級キーボードコーナーがあり、東プレFILCOHHKBを試し打ちできました。
やっぱり相性があるので、試し打ちは必須かと。

買う前に試してください
イケゾー

単三電池で駆動します

HHKBは、バッテリーが内蔵されていません。
したがって、無線接続の場合は単三電池2本で動きます。

充電はできません♪
イケゾー

カフェやリモート会議ではちょっとうるさい

打鍵感がある反面、少し音が大きいです。

例えば、カフェなんかでは少し目立ってしまうかも。
リモート会議のメモとりでも、マイクが音を拾ってしまうかもしれません。

音が少し気になるかな
イケゾー

バックライトはない

ゲーマーの方はバックライトを好みますが、HHKBにはありません。
刻印もほぼ見えないので、暗い部屋では手の感覚頼みです。

WordPressで高品質なホームページ制作します 初心者でも安心の「1ヶ月間無料サポート」付き!

まとめ

Apple純正のMagic Keyboardから、HHKB Professional HYBRID Type-Sへ乗り換えました。
私と同じMacユーザーで、購入を迷っている方の参考になれば嬉しいです。

結果、買ってよかった。

ポイント

・Macユーザーでも問題なく使用できる

・Mac用のカスタマイズを推奨

・さすがの打鍵感。まずは試し打ちをおすすめ

イケゾー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ご不明点やご意見は、コメントやTwitterにて、お寄せください 🙂
では、またお会いしましょう

  • この記事を書いた人

ikezooo

愛知県30歳のフリーランスエンジニア。 サイト制作とブログで生き抜く。 ブログでは、月10〜15万ほど稼いでいます。 SEO検定3級保有。

-生活
-, ,