Work

【副業の始め方1】副業って会社にバレる?|就業規則を確認

2020年9月25日

こんにちは、イケゾーです。

 

下の記事にて、副業の始め方について、大まかな流れを解説しました。

check
【副業の始め方シリーズ完全版】初心者が副業を始めるまでのステップを解説

続きを見る

副業を始めるまでの流れ

  1. 会社や組織の就業規則を確認する
  2. 自分の能力を洗い出す
  3. 自分のライフスタイルを考える
  4. 自分のやりたいことを明確にする
  5. どの程度の収入が欲しいのか検討する
  6. 自分が希望する仕事を探す
  7. 許認可が必要ならば所轄の官庁へ申請

🙂 副業スタート 🙂

 

今回は、ステップ1「会社の就業規則を確認」の詳細解説をしていきます。

イケジョ
私は副業やっていいの?

という疑問をお持ちの方はぜひ、読んでみてください。

 

【副業の始め方】<ステップ1> 会社の就業規則を確認

副業の法的な定義はない

話を進める前に、まず「副業」とは何か説明します。

今のところ、法的に明確に定義されておりませんが、

一般的に、

本業を持つ人が、別の手段で収入を得るためにビジネスをしていること

をいいます。

 

なぜ企業は副業を禁止しているか

国は副業を推奨しています。 → 厚生労働省(副業・兼業に関するガイドライン)

のに関わらず、なぜ禁止している企業があるのでしょうか。

 

理由は2つあります。

本業の業務に支障をきたす可能性がある

守秘義務(機密事項やノウハウの流出)

 

就業規則を確認しよう

副業を禁止する記載があるかをまず確認します。

就業規則を確認しよう

イケジョ
就業規則をみたことがないよ

労働基準法によって、会社に開示を求める権利がありますので、安心してください。

 

副業についての規則は3種類あって、

  • 許可制  申請してくれたらいいよ 🙂
  • 記載なし 自由にしてね 🙂
  • 禁止   慎重に進めよう。

 

就業規則って絶対なの?

「副業禁止」と書かれていても、法的な拘束力はありません。

労働関連法規に記載がなく、労働の自由が認められています。

その場合は周りの状況などを参考にして、やりましょう。

 

公務員は例外で、国家公務員法で副業が禁止されています。

 

会社や同僚の公認を得るべき?

People Working in front of the Computer

公認の上で副業をする方が、のびのび働けますが、副業を公認にすることにデメリットがあります。

慎重に判断しましょう。

 

基本的にはデメリットが多い

会社が、積極的に副業を推奨していない場合は

デメリットしかないので、公認はおすすめしません。

 

  • よくないウワサが立つ

特に、お金が絡む話はしない方が良いでしょう。

「本業より稼いでるらしいよ」とか「そろそろ転職するんじゃない」とか

こんなウワサ話するの好きな人いますよね。

話をするならば、慎重に相手を選びましょう。

 

  • 本業へのプレッシャー

本業で結果が出せなかったり、体調を崩したりすると、

副業が原因だと言われてしまうので、変にプレッシャーがかかります。

 

副業を推奨している会社は増えてきていますが、周りの理解を得て副業をしている人は少なく感じます。

やはり、本業にもっと力を入れろよ と言われる気がします 🙁

 

会社に副業を申請しない場合

会社に申請する場合は、ルールにしたがってやれば良いです。

では、会社に申請しない場合、会社に知られないようにする方法はあるのでしょうか。

 

イケジョ
確定申告でバレるって聞いたことあるけど、本当?

本当です、しかし対応策はあります。

 

住民税の徴収方法に注意すれば、会社にバレることはない

副業での収入があると、住民税がアップします。

住民税は給与天引きで納付されるのが一般的です。

会社の経理担当者が、市区町村から送られてくる通知によって住民税を天引きします。

その金額と、会社の給与金額にギャップがあると、「ばれます」。

 

それに対しては、

副業分は給与天引きでなく、自分で納付する「普通徴収」という方法があります。

普通徴収

本業の会社に副業を知られないためには、会社で差し引く住民税の額を変化させないことです。

副業で得た収入の住民税は、自分の直接納付する方法があります。

確定申告の際に、「自分で納付」を選択します。(詳細は後日)

 

トラブルになりやすいケース

トラブルになりやすいケースをまとめました。

ここは、ざっと確認してもらうだけで十分です。

 

休日や終業時間外での副業

労働時間が1日8時間を超えた場合、副業先において時間外手当という割増賃金が発生します。

労働時間が合算されるということが周知されていないので、後々トラブルになることが多いです。

 

本業の空き時間で副業

本業の休憩時間は自由なので、副業をしても良いのですが、

就業中に副業をするのはNGです。短時間でできる副業を見つけましょう。

 

育児休業中、休職中の副業

育児休業中の副業で、超えてはいけない金額があります。

休職で手当てをもらっている時は、手当ての減額や停止の可能性があるので、おすすめしません。

これは、それぞれの条件を見直して、慎重に計画を立てましょう。

 

まとめ

以上で、「会社の就業規則を確認」の詳細を終えます。

もっと詳しく!という声もあるかと思いますが、少しづつ深掘りしていきますね。

 

副業を始める前に、まずは会社のルールを読みましょう。

 

当ブログでは、副業や仕事,生活で使える「効率」を発信しています。

ぜひ、他の記事もご覧ください。

 

ではでは。

 

  • この記事を書いた人

ikezooo

ご訪問ありがとうございます。 Ikezoooブログ「WEB積み上げ先生」を運営している30歳です。こちらでは、完全初心者からのプログラミング学習を発信しています。

-Work
-

© 2021 IkezoooBlog