WordPress

AFFINGERを使っているとブロックエディタ(Gutenberg)へ移行する気がなくなる話

イケゾー
この記事は、こんな人におすすめ!
・いつブロックエディタに移行しようかなあ
・AFFINGERのクラシックエディタから離れられない

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 次の記事からブロックエディタを使おう
  • リライト時にレイアウト直しの手間が発生

筆者情報

Ikezooo

 
  • Web制作フリーランス
  • ブログ3年目。
  • 執筆記事数200本以上
  • ブログ実績:最高15万円
  • SEO検定3級保有
  • Twitterフォロワー3,100人
   

私は、この記事で初めてブロックエディタ(Gutenberg)を使用しています。
すでにWeb制作の仕事では使っていましたが、自分のブログではクラシックエディタを使い続けいていました。

AFFINGERユーザーの方は、クラシックエディタの使いやすさに取り憑かれているのではないでしょうか。
今日を機に、ブロックエディタ(Gutenberg)に移行しませんか?

当ブログでは、WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」 を使用しています。

苦労するのは分かっているが、ブロックエディタへ移行する

クラシックエディタのサポート終了が発表されましたが、しぶとく使い続けてきました。
Wordっぽく使えるところが、人気な理由なんでしょうね。

たくさんのファンの声もあったのか、今後もクラシックエディタを使い続けられるプラグインが整備されましたね。これにより、永久的にクラシックエディタを使い続けられるようになりました。

クラシックエディタが使用不可となれば、自然とブロックエディタへ移行したのですが、どちらでも使用できる状態なんですよね。そうなると、わざわざ苦労してブロックエディタ(Gutenberg)に移行する理由がなくなってしまいました。

しかし、わたしはブロックエディタへ移行を決断しました。その理由を述べていきます。

新しいものを取り入れるエンジニアでありたい

わたしは、Web制作やブログ記事作成のお手伝いを仕事にしています。
ありがたいことに、少しずつですが、人に教える場面も増えてきました。

人に教えるなら、新しく正確な情報をお伝えしたいと決めています。

「学びたい」と言ってくれた人に古くて間違った情報を教えたくありません。

わたし自身、プログラミングを初めて学んだとき、間違った情報を教えられました。教えられる側は、それが正しいかどうか判断できないですよね。わたしは半年後に気づいたのですが、ずっと気づかない人もいるでしょう。

そんな経験もあって、エンジニアとして、常に新しく正しい知識を取り入れています。
今回のブロックエディタも、避けることはできたのですが、挑戦しようと考えました。

一般の人は、ブロックエディタの方が使いやすい

Webサイトを制作して納品するものは、ブロックエディタにしています。

理由は、一般の人がブログ更新をするのに、クラシックエディタより簡単だからです。

文章の入力方法や装飾、画像の入れ方などが、直感的に操作できるらしいです。(クラシックエディタを長く使ってきた私には理解できません)

大半のお客様は、WordPressの操作に慣れていないので、ビジュアル的にリッチなエディタだからでしょうか。という理由で、特別な依頼がない限りは、ブロックエディタで納品しています。

わたしも、操作説明をする時にあたふたしないよう、普段からブロックエディタを使っていこうと決めました。

レイアウト崩れは起きるが、リライトできると前向きに

クラシックエディタで書いた記事をブロックエディタで編集すると、レイアウト崩れが発生します。

「ブロックへ変換」をクリックすると、ブロックエディタで編集できるようになります。

しかし、余白の設定などがリセットされたり、タグが効かない場合があります。
そのまま保存すると、これまでのレイアウトが崩れてしまいます。

全ての記事を修正するのは大変なので、ひとつずつリライトをしていこうと思います。

リライトする良いきっかけと思って
イケゾー

WordPressで高品質なホームページ制作します 初心者でも安心の「1ヶ月間無料サポート」付き!

まとめ:次の記事からブロックエディタを使え

有難いことに、今後もクラシックエディタは使えます。

ただ、あえて新しいことに挑戦して、新しく正しい知識を教えられるエンジニアでいたい気持ちから、ブロックエディタに移行しました。

迷っている方は、とりあえず「次の記事をブロックエディタで作ってみて」。なにごとも最初の一歩は小さく重いですが、確実に大きな進歩です。

ポイント

・新しい技術に挑戦していくのエンジニアでいたい

・納品後のお客さんが使いやすいのは、ブロックエディタらしい

・リライトする良い機会

イケゾー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ご不明点やご意見は、コメントやTwitterにて、お寄せください 🙂
では、またお会いしましょう

  • この記事を書いた人

ikezooo

愛知県30歳のフリーランスエンジニア。 サイト制作とブログで生き抜く。 ブログでは、月10〜15万ほど稼いでいます。 SEO検定3級保有。

-WordPress