WordPress ブログ運営

【WordPressワードプレス】サイトマップの作成方法|Google XML Sitemapの設定と使い方

 

こんにちは、イケゾーです。

ブログを始めた方で、サイトマップでお困りの人は多いのではないでしょうか。

イケゾー
この記事は、こんな人におすすめ!
・ブログの下に絶対あるサイトマップってなに?
・サイトマップってなんのためにあるの?
・サイトマップの作成方法を知りたい

 

そこで今回は、初心者向けに図解を入れながら解説します。

それでは、どうぞ!

 

参考:WordPressでブログを始める方法はこちら

 

参考:プラグインを初めてインストールする方はこちら

 

参考:作業の前にバックアップをとる方法はこちら

 

当ブログでは、WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)」 を使用しています。

 

サイトマップとは?人間用とロボット用の2つ必要

ブログを始めたての方にとって聞き慣れないサイトマップですが、言葉通り「サイトの地図」のイメージでOKです。

サイトマップとは

サイト構成のリストを作成し、伝えるためのもの

 

サイトマップとは、サイト訪問者にどこにどんな記事があるのかを伝えるためのものになります。さまざまな目的をもった訪問者を、目的の記事へスムーズに誘導するために作成します。

 

そのサイトマップには大きく分けて2種類あります。ひとつずつ説明します。

  • 人間用(HTMLサイトマップ) → 「サイト訪問者」にサイト構成を伝えるもの
  • ロボット用(XMLサイトマップ) → 「検索エンジン」にサイト構成を伝えるもの
サイトマップはサイト内の地図の役割で、2種類あるんだね
イケゾー

 

人間用(HTMLサイトマップ)

よく見るこのようなサイトマップは、人間用のHTMLサイトマップです。

サイトの訪問者を、迷うことなく目的の記事へ誘導するために作成します。
>>当サイトのサイトマップはこちら

人間用のサイトマップが「HTML」なんだね
イケゾー

 

ロボット用(XMLサイトマップ)

ロボット用のサイトマップは、サイト上で見えるものではありません。

そもそもワードプレスに投稿した記事は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに認識されないと、検索結果に表示されません

常に、検索エンジンのクローラーが、世界中のサイトを巡って記事を認識しています。そのクローラーがサイト内に来たときに、サイトの構成を効率的に伝えるものがXMLサイトマップです。

クローラーは、人間用の文字(HTML)が読めないので、上画像のようなロボット用の「XML」ファイルを用意する必要があります。

ロボット用のサイトマップが「XML」なんだね
イケゾー

 

では、それぞれのサイトマップの作成方法について解説を始めていきます。

 

人間用サイトマップ(HTML形式)の作成方法

人間用のサイトマップは、サイト運営者によって作り方は様々です。
サイト訪問者に親切なものや、各ページへのリンク一覧を羅列しただけのサイトも見かけますね。

サイト訪問者が迷うことなく、目的のページに訪問できるよう作成しましょう。

ポイントは、サイト訪問者の目的(悩み)ごとに構成することです。
カテゴリーやタグ別で羅列するよりも、訪問者の目的にあった記事へ迷いなく誘導できますね。

>>当サイトのサイトマップはこちら

 

ちなみに、人間用のサイトマップ(HTML形式)は、SEOには効果がありません。かつては効果があると言われておりましたが、現在はロボット用のXML形式がSEOに効果があります

訪問者をスムーズに誘導しよう
イケゾー

 

ロボット用サイトマップ(XML形式)の作成方法

ホームページのコンテンツを、効率的に検索エンジンに認識してもらうSEO対策として、サイトマップは必須です。

記事の公開や更新をするたびにサイトマップを作成して、アップロードするのはとても大変です。

この手間のかかる作業を自動でやってくれるのが、プラグインGoogle XML Sitemapです。
導入は簡単ですが、いくつか設定が必要なので、図を用いながら丁寧に解説していきます。

 

検索エンジンに伝える役目だね
イケゾー

 

Google XML Sitemapとは

Google XML Sitemapとは、WEB上のクローラーにブログサイト内を巡回してもらうためのプラグインです。

クローラーは巡回し、検索エンジンに反映する役割をしています。サイトマップが作成されていない場合、クローラーが巡回されるのが遅くなり、検索結果に表示されない場合があります。

したがって、効率よく検索エンジンに認識させるために、必須のプラグインとなります。

 

Google XML Sitemapの設定方法

プラグインをインストールし有効化します。
>>参考 プラグインのインストール方法はこちら

 

次に、「管理画面 > 設定 > XML-Sitemap」をクリックして下図のような画面を開きます。

 

設定項目は大きく4つあります。

  • サイトマップの基本設定
  • サイトマップの表示設定
  • サイトマップの更新頻度の設定
  • サイトマップの優先順位の設定

 

特別な理由がなければ、全てそのまま真似をすればOKです。
それでは、ひとつずつご説明していきます。

 

サイトマップの基本設定

ここでは、検索エンジンへの通知の有無を設定します。全てにチェックを入れましょう。

この設定により、記事を公開したり更新すると、Googleに通知が届き、早く検索結果に反映されるようになります。

「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加 」 にチェックを入れると、サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えることができるので、間違いなくチェックを入れましょう。

 

さらに、投稿や更新したページがサイト内でどの程度重要かという優先順位を設定することができます。この優先順位を用いて、クロールする優先度を検索エンジンが判断をすることになります。

「自動的に計算しない」にチェックを入れておきましょう。優先順位の設定方法は、後ほど細かく設定ができます。

 

サイトマップの表示設定

サイトマップに載せる内容を設定します。

サイトのコンテンツに関わるページのみをサイトマップに載せ、検索エンジンに不要なページをクロールさせないことで、効率よくクロールさせることが実現できる。これがSEO対策になります。

固定ページや投稿者ページは、検索エンジンにはほぼ不要なので省いています。

 

サイトマップの更新頻度の設定

ページが更新される頻度を、事前に検索エンジンに伝えておきます。

この設定を見て、クローラーがサイト内を回るようになります。ホームページや、投稿ページ、カテゴリーページなどの重要なページに頻繁にクローラがくるように設定しています。

 

サイトマップの優先順位の設定

サイト内の他のURLと比較し、そのURLの優先順位を設定します。1.0(非常に重要)から0.1(ほとんど重要でない)の範囲で指定します。

これは先程の「更新頻度の設定」と同じ重み付けにしています。

 

以上で、全ての設定が終わりました。特別な理由がない限り、紹介した設定を真似するだけでOKです。適切な設定をして、検索エンジンに早く認識してもらおう。

サイトマップの設定はこれで終わりだよ
イケゾー

 

Google Search Consoleにサイトマップを追加する

次に、Google Search Consoleでサイトマップを追加していきます。

「Google Search Console」は、Googleが提供する無料のSEOツールで、自サイトのアクセス状況を把握するために利用します。

こちらにサイトマップを追加することで、新しく公開した記事の存在を、検索エンジンが早く認識するようになります。

 

ログインし、サイトマップをクリックします。
サイトマップURLを「http://◯◯.com/sitemap.html」と入力し、送信をクリックします。

「成功しました」と表示されれば成功です。

 

エラーでお困りの方、お気軽にコメントください
イケゾー

 

WordPressで高品質なホームページ制作します 初心者でも安心の「1ヶ月間無料サポート」付き!

 

まとめ

本記事では、サイトマップの説明と作成方法について解説しました。

ポイント

・サイトマップは、サイト構成を伝える地図のようなもの

・サイトマップは、人間用とロボット用の2つ必要

・人間用のサイトマップは、サイト訪問者の目的別で作ると良い

・SEO対策にもなるロボット用のサイトマップは、プラグインで作成する

イケゾー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ご不明点やご意見は、コメントやTwitterにて、お寄せください 🙂
では、またお会いしましょう

  • この記事を書いた人

ikezooo

愛知県30歳のフリーランスエンジニア。 サイト制作とブログで生き抜く。 ブログでは、月10〜15万ほど稼いでいます。 SEO検定3級保有。

-WordPress, ブログ運営
-, ,